2017/07/25

やっぱり作らないことにしました。

目が覚めて、「やっぱこのゲーム作るのは無理だな」と思った。

作ってて楽しくなさそうだな、と。あーりんが楽しくないものをどうして作る必要がある。それはあーりん自身の我慢だけじゃない、結果的に世の中への冒涜だぞ、と。

もうちょっとよく考えてから作ります宣言をした方がいいね、という小咄。



主人公予定だった人のイラスト。いまのところつかいどころがないから上げてしまおう。

2017/07/24

_

夏の暑さのせいで、あたまがおかしくなったらしく、

ちょっとしたゲームを作り始めたよ。

テキスト書いてる

いらいらしながら書いてる

本格的にあーりんだけ楽しめるげーむになりそう

でも

これ、地味ーにシステム作るのが面倒そう

しかし、どれだけ手を抜けるかがゲームづくり最大のキーポイントなのだ、やるしかない


(追記)
作るのが面倒そうなシステムへの解決策を思いつきました。このシステムそのものがいらない。作るのもプレイするのも面倒なだけだコレ。やった。今回はスピーディに仕上げる予定です。時間ないし・・・。

2017/07/13

(クァってきみ・・・)

「あーりんさんはフリーゲームをつくるくらいしか価値が無い(つまり、無価値)くせに、今年のウディコン向けになんか作れないんですクァ?」と問われたら、
「作れないよ」と断言したい・・・・。
作らないんじゃない。作れないのだ。

あー……でもそういえば以前、1日でウディコン向けに作ったことがあった(コンテスト、だってのに・・・・)。作れなくはないのか。つまるところは、そういうガッツというか無謀さが今はこの体にないのだ。自覚症状としてはかなり枯渇している。参った。返しておくれ。

「いばらのうみ」は、設計から公開までだいたい3週間くらいだった。
あーりん的には、制作というモノは基本的に集中して短期決戦でやったほうが、色々な面でよろしいと思う。それが難しいんだけども・・・。まああーりんの貧弱な経験的には。

同じもの作り続けるって、単純に飽きてしまうし、「これでいいの?本当に?マジ?literally?」という、他の人から見たらどうでもいい疑問とのバトルに巻き込まれてしまうから。そして時間がかかってしまうほどに、その時間に見合った創作なのかという自意識も厄介になって加速度的にハードルが上がっていく。何年もかけて自らの創作物を洗練させる方とかもいらっしゃるが、あ~りん的には別次元の世界だなあ、と思うのだ。

まあそんな感じでガッツと無謀に欠ける日々を啜って生きているのであった。そういえばこないだ買った除湿機はいい感じだ。タンクに驚くほど空気中由来の水が貯まる。

2017/07/07

I'm/yR

ブログのテーマ変更に合わせて、ヘッダー(↑)用の絵を描きたくなったので、描きました。拙作「いばらのうみ」の主人公ことムル女史。公開から一年経ってから我ながら何やってんだって感じですが。描きたくなったので。理由はそれで十分なのだ。




慚愧に堪えない。

2017/07/04

にっき

この夏必須の超オススメ新作ゲームを買ってプレイしています。除湿機(コンプレッサー式)です。これはマストバイですよ。凄まじいまでの快適性があります。快適性が・・・(去年のデュプリケート)。

まいとし梅雨に体調悪くなってしまうあーりんのような体質の方には、割と本当におすすめ品。湿度というパラメータは温度よりずっと見過ごされがちですが、心身のパフォーマンスに少なからぬ影響を与えているんじゃないかなあと思うのです。肌がべとついて「あッっがあァ!」となる現象ともおさらばだぃ!

2017/06/29

Q:前後の文脈がさっっっっっっっっっっっつっぱりわかんないんですが。

A:仕様です。

いかれた欠片たちは二度と戻ってこなかった



あーりーんがインターネット息苦しいなあと感じ始めたのは、何気ない日常的質問を検索エンジンで調べたときに、ある種のわけのわかんないサイトが検索結果の上の方に来るようになってから、かな・・・。厳密には、わけはまあわかるんだけど、結果的にはわけわかんないし、端的にいうとそれは、不愉快なほどに小奇麗で、そのくせに知りたい情報は一切書かれていない、ブログのようなさわがしいパブリシティだった・・・。

昔のインターネットの検索結果の上の方も、わけわかんないページは割とあった。あったけれども、そのわけのわかんなさは、個人の手探りとか混乱とか突発的自己顕示的発露によるものばかりだったと思う。ネットってそもそも「そういうところ」だった。かつて出会ったそうしたウェブページたちは概して、手作りの(あるいは、ホームページビルダー製とかの)HTMLに、作り手の情念とか執着とかが篭っているような世界で、それはいわば狂気の片割れに近いものであったはずなのに、なんだか当時のあーりんには暖かいように感じられたんだ。他のインターネット・エクスプローラーたちがそれを見てどう感じたのかはしらないけれども、あーりーんはそういう、見知らぬ個人の今後永遠に戻ることもないホームページの断片が、まあ、どっちかといえば、好き、だった。
そしてそうしたページたちは、今ではめっきり見なくなった。「無料レンタルサービスの終了」とか「更新に飽きて放置している内に期限に達した」とか「単に消した」とかの要因で、じわじわとインターネットの世界から去っていったのかな、と思う。
・・・いや、きっと探せば、今でも想像以上にそれらは残っているに違いない。あえて、狙って探せば、だけれども。少なくとも、それらは検索結果の上位という領域からは立ち去った。新たなるページたちが押しのけたのだ。だから、「検索結果の上位こそが識閾下に成り得る」というありふれた競争的観点で言えば、やはりそれらはこの世界から消えてしまったのだ。

そういった、ウェブのだいなみずむとか時代の流れとでも言うべき方向性は、ある意味合理的ではあるし、仕方がないことのようにも思える。新時代のわけわかんないサイトによって、助かっている人もいるに違いあるまい。
要は、ただ、ここに息苦しいなあと感じる、いわば老いてしまった、ひとりの人間がいるだけだ。

そんな個人が、統計的になんの意味もない、まさに旧時代的怪文書を、こうして新たにウェブ上にこしらえている。
あえて格好悪くいうならば、あるいはそれは祈りかもしれない。というよりは、ただの呪詛のようにも思える。

-

いかれた欠片が、わーるどわいどうぇっぶの空に浮かんだ そして消えていった風景ばかりを憶えていた
代わりに今やまばゆい経済学たちが 売春仲介者的な笑みをこしらえながら 検索結果にこしかけている

今年もやはり例外でなく6月に死ぬほど調子が悪くなる

よくみんなへいきでいられるね

みんなもこのじきはたいちょうにきをつけてね

2017/06/24

そういえば、交換と返品を経て、今のSSDはちゃんとうごいています。 いや本当にSSDというものに関しては、信頼性のある大手メーカー品を買うことをおすすめします。参った。

2017/04/25

泡沫夢幻SSD

・また、SSDが、いきました。

・いまいち有名じゃないメーカーのものをセールだからと若干の冒険心を抱いて買ったりするのは、ことストレージというものに関しては、あまり、おすすめしません。